東京いいとこ自転車散歩 基本姿勢


[目的]

参加者の増加 ビギナー、新入会員・個人会員(クラブ未所属会員)へのサービス
個人会員の組織化 仲間作り(新しいグループ・クラブ)
外部へのPR モデルコース作り(出来れば出版まで?)
趣味の拡充 企画の多様化(異なる世話人、その主張を尊重)

[運営基準]

気楽に参加 事前の申込不要、参加費不要(ただし食事・入場料は自弁)
無理の無いコース 走行距離35km以内を目標、走行時間5時間以内
集合地は、鉄道(輪行)や、主要道路に近く判り易い駐輪可能な場所が望ましい。
スタートは10時前後としたい。
参加資格と責任 会員以外の参加者は会員が推す者のみとし各自の責任で走行・行動し、JCA総合保険のみで当然非会員には無くTCAは責任を取らない。
非会員には、仲間作りの点だけでなく保険の面からも協会に入会することを勧める
担当者と「フリーラン」 担当者はコースを案内するが、参加者は必ずしも一緒に行動しなくとも良い。
途中参加も中途離脱も別行動も自由だが必ず担当者に連絡すること。
基本的に団体走行でなくガイドするだけである。
実施日と広報 担当者・コースリーダーの都合で実施日を決める。
ただし、広報期間の余裕をもって担当役員と打ち合わせる。
広報はTCAニュースを原則とし、外苑・パレスでのPRも工夫する。
その他 現段階では、コースの設定を東京都内に限定する。
雨天中止を原則とする。ただし、担当者が集合地に赴き参加者がいる場合には判断して実施しても良い。

[備考]

担当者が偏らないことで担当者の趣味・興味などが企画に反映することが望ましい。
例えば歴史嗜好・写真好き・美術愛好・花好き・俳句など。
基本的に費用がかからないことが望ましいが必要な経費の内容を事前に広報するように。
スタート前にメンバー紹介、コース紹介、諸注意、伝達事項などをして欲しい。
法規遵守、道徳重視、団体走行の工夫など精神的技術的なレベルアップに努めたい。
JCAインストラクターは率先して世話をするだけでなく、相談・応援に努めてください。
担当者は、地図などの配布資料を準備できることが望ましい。
調査費¥1,000、資料代¥1,000を予算として考えています。


戻る      ホーム