●ブレーキが効くかどうか、もう一度確かめましょう。

  ペダルをはずした自転車でバランスをとる練習

C サドルに座り、両足で同時に地面をけって前進します。
★指導する際にはある程度のスピードが安定しやすく、ブレーキをかければ必ず止り、自分の足で立てることを説明します。
★両足を同時にけるとサドルからお尻が浮いたり、惰力がつかない脚力の弱い人には歩くように両足を交互にけるようアドバイスすると良いでしょう。

D 自転車が止まるまで足をつかないようにして、バランスをとります。
 できるだけ長い間、足をつかないようにする練習です。
★ハンドルでバランスをとるコツは、自転車の仕組みに逆らわず倒れそうな方向へ曲げることです。
★初心者は恐怖感から肩に力が入って上体が堅くなり、バランスがうまくとれない場合があります。緊張感をほぐしてやることも必要です。
★指導の際は、上手にできたらほめるよう心がけましょう。

@ペダルをはずした自転車に左側から乗ります。
左側から乗車することは左側通行・安全上の理由から習慣付けてください。
 ★サドルの位置・高さの確認をします。 
   女性の場合には、サドルの先端部を「やや下向き」にしたほうが良い場合があります。

A肩の力を抜いて、ハンドルは軽くにぎり、視線は進行方向前方を見ます。
  ★初心者は、身体に力が入りがちで足元を見る傾向があります。
    下を見ているとバランスがとりにくいので注意しましょう。

E止まる時は、ブレーキを使って止まる練習をします。
 足をつくときは左足からつくようにしましょう。

★なぜ左か?
自転車は法規上道路の左側端を走らなければなりません。
後方安全確認の点から左からの乗り降り、左足着地の習慣付けを再度説明すると良いでしょう。

  【判 断】
次のステップに移行できるかどうかの判断は難しく早まると退行してしまう場合があります。指導員同士の意見交換やその練習場の基準作りも必要です。

このステップ2のバランス練習が最も重要です。

A肩の力を抜いて、ハンドルは軽くにぎり、視線は進行方向前方を見ます。
★ 初心者は、身体に力が入りがちで足元を見る傾向があります。
 下を見ているとバランスがとりにくいので注意しましょう。

Bブレーキ操作の再確認
 この段階では左(後)ブレーキだけの使用でも良いでしょう。