安定したペダリングをする練習

●スタンドを立てた状態で両足こぎの練習をします。
●サドルに座り、両足のつま先が地面につく程度にサドルの高さを調節します。

★足の正しい位置を教えます。(図@)
足はフレームと平行にし、足の親指の付け根がペダルの中心軸に来るようになっているかを確認します。
★前ステップ3では足の正しい位置を厳しく指摘しないほうがよいでしょう。
バランスをとることに集中し、慣れきたら正しい位置がこぎやすく疲れにくいことを教えます。

  【美しい姿勢】
ペダリングが安定しないと自分でこぐことで、バランスを崩してしまいます。
サドルを高くして正しいペダリングで足を伸ばした美しい姿で自転車に乗るようにしましょう。

ハンドル操作

  【スラロームの練習】
@ラインなどの目印をゆるやかに地面につけます。
 このとき、ラインはゆるやかにしましょう。
A曲がるときは視線を曲がる方向に向けます。

 【障害物をよける練習】
@ハンドル操作でよける練習をしましょう。
A次に体重移動で曲がる練習をしましょう。

【ポイント】
自転車はハンドルで曲げるというよりも、体重移動や身体を傾けることによって曲がることができます。

●右曲がり=右へ身体を傾ける
●左曲がり=左へ身体を傾ける

コツは曲がりたい方向へ身体を倒す(傾ける)ことです。