2017.11.18 特別研修会

「国際都市東京の自転車政策は
何処に向かうのか?」


講師 内海 潤氏
(NPO法人 自転車活用推進研究会 事務局長)

2017年11月18日(土)
特別研修会(募集案内)
 
 我が東京サイクリング協会の会長に就任していただきました小泉昭男会長が尽力された「自転車活用推進法」が成立して1年、施行されて半年が立とうとしています。オリンピック開催までも3年を切りました。
最近私達の身の回りではナビマークやナビラインを多く見かけるようになりました。国交省荒川下流事務所は、一部で自転車がそのまま通行できる車止めに変更するなどの処置をしました。
 2020年に向けて「総合的な自転車政策(東京都長期ビジョン)」の展開を進める東京都、オリンピック・パラリンピックを機に東京に自転車革命を起こすシナリオとは?! 成立したばかりの「自転車活用推進法」との関係は? 自活研事務局長に聞きます。

  内海 潤氏 プロフィール
NPO法人 自転車活用推進研究会 事務局長
東京サイクルデザイン専門学校の非常勤講師として次世代の自転車人を育てる一方、イベントや講演会などを通じて自転車の市民権確立に向け、楽しさや正しい活用を訴える活動を続けている。テレビへの出演多数。共著書に「これが男の痩せ方だ!」がある。
 


1.開催日:11月18日土曜日15時から17時まで 
2.開催場所:雑司が谷地域文化創造館
3.講演内容:『国際都市東京の自転車政策は何処に向かうのか? 』
     (続いて講師を囲み懇親会を開催)
4.募集人員:30名(申込み先着順)
5.参加費:1000円(会員・一般とも)。
     懇親会希望の方は別途いただきます。
     いずれも現地受付でお支払いください。
6.懇親会
  ・開催場所:おすすめ屋池袋(講習会会場より徒歩約1km。15分)
     住所:南池袋2-26-10アクティオーレ南池袋8F
  ・開催時間:17時30分から19時30分まで
  ・参加費:2200円(お支払いは講習会会場受付にて)
  ・交通:JR池袋駅東口 徒歩3分(池袋駅から321m)
7.担当:河野照夫
8.参加申込み:ホームページ「問い合わせ(tca-tokyo@tokyo-cycling-association.com)」
     または事務局(03-3541-6540)へ。
     受付完了は、メールにて2日程度で返信します。
 以上


   
  
「東京メトロ 副都心線 雑司が谷駅」2番出口直結
「都電荒川線 鬼子母神前駅」より徒歩2分
都バス「千登世橋」停留所より徒歩2分 (池65、池86)
「JR山手線 目白駅」より徒歩10分
「JR山手線 池袋駅」(東口)より徒歩17分
◇駐車場に限りがあるため、車でのご利用は、特に荷物が多い場合と、体が不自由な方をお連れするときに限らせていただきます。



戻る      ホーム

研修|TCA