Super−Duo(セミリカンベントタンデム)

  

 タンデムを楽しむ集いを実施していて常に気になっていたことに盲人の方を後ろに乗せることがありました。
 風を受ける喜びを教えてもらったのですがパイロットの我々が邪魔をしているのです。
 立川の昭和記念公園の公園ガイドボランティア講習に呼ばれて自転車技術研究所が開発したトランスポートビークルに乗る機会がありました。
 これは、車椅子の後ろに自転車の後半部分をドッキングさせて走れるようにしたものです。
 このように前に乗ってもらうことが出来ないかと考えていたのですが、構造的に無理だと思っていました。
 また、安全の面からもパイロットの前に居てもらうほうが良いのです。

 ところがパレスサイクリングを走っている夫婦をみかけました。早速、話しかけて名刺交換をしてから入手(購入)する手立てを考えていました。
 タンデムを楽しむ集いにも一度来て貰って実際に都盲協の方にも乗ってもらいました。

 乗用調査の原稿料として小金が手に入ったので本気で購入すべく画策して常任委員会に提案しました。
 藤田理事がThinkPadを手に入れてくれた時と同様にIBMに補助金の申請をしてくれました。
 早速、見積書を取り寄せて手続きを取り購入する運びとなりました。
 置き場所については、事務局に強引に引き受けてもらい玄関の上に吊るすことにしました。
 ここからなら一人で走ってパレスまで簡単に行くことができます。目立つので少し恥ずかしいけれど。

  

  



戻る      ホーム