タンデムサイクリング概要

タンデム 国立競技場前    タンデム 絵画館
 TCAは、東京都盲人福祉協会と一緒に年間計画でタンデム車を使って楽しむ集いを実施しております。
 また、平成11年から筑波大付属盲学校の寮生が年一回10月にパレスへ来て一日元気良く楽しんでおりました。

 平成2年に役員(理事)の陣容を一新して毎月の理事会で議論をしていたところ協会のボランティア活動として盲人とペアでタンデム車に乗ることを検討しようとしました。
 東京では、以前実施していた例があったのでその経験を生かして環境を調査するところから始めることとし当時行っていた神宮外苑のタンデム車が使えることを確認し復活させることとしました。
 初めて盲人の方とタンデムに乗った時の喜びを聞いて改めて自分としても風を感じることの喜びを認識させられました。ボランティアを無理に意識することなく、お互いに自転車遊びを楽しめればと思います。

 都条例により都内では自転車の大人の二人乗りは認められておりません。神宮外苑とパレスサイクリングのコースについて開催中は自転車専用道路のため走ることが出来ます。
 外苑にはTCAが自振協(自転車産業振興協会)から貸与されたタンデムを10台保管してあり、これを利用しております。
 パレスサイクリングでは毎週タンデム車も含んで一般への貸し出しを行っており、これを優先的に利用させてもらっています。また、個別に訪れた盲人の方へのパイロットにも適宜対応しております。
 タンデムの認可については、昔働きかけたこともあったが警視庁で試乗して「これは危ない」とのことで却下されたとも聞いております。慣れていない警察官の試乗による判断ではロードレーサーやドロップハンドルも禁止されてしまうような話だと思います。
 なんとか盲人のタンデム利用を糸口にサイクリング車としてのタンデムを認められるようにしていきたいと思っています。
H22年度 タンデム用自転車の普及に関する調査研究 報告書(pdf 5.95MB)
H21年度 タンデム用自転車の普及に関する調査研究 報告書(pdf 23.5MB)
タンデム走行可能全国分布地図(pdf 0.46MB)
タンデム 外苑    タンデム 外苑噴水前

パレス タンデム    筑波大付属盲学校


戻る      ホーム